石垣島絵日記 2004 ⑬

13日目。明日はもう東京へ帰る、というこの日、台風は猛威をふるっておりました。
兄の部屋で荷物を整理し、帰り支度をしながら、飛行機の心配ばかりしていました。

別に今すぐ帰らなくても、仕事は待っていなかったし、
欠航になったとて兄の家があるので、泊まる所にも困らないし、台風でしばらく動けないかも
しれないと言われていても、まったく気にしていなかった私でしたが・・・

この日には、もう、「お願いだから飛んでくれぇー!」という気持ちになっていました。

午後、雨風の強い中を石垣空港まで行きました。
車のワイパーを最強にしても、前が見えづらい・・・。
空港に着くと、外まで人があふれかえっています。欠航が相次ぎ、居る場所もなくなり
待つしかない人々。このあと、あまりにも人が多いので、
学校の体育館かなにか、提供されたようでした。

かりゆしウェアを着た空港の係りのおっちゃんに、とにかく聞いてみました。
「明日、飛びますか?」と。
しかし、聞いといてなんですが、 そんなの、誰にもわからないよなぁ・・・
それに、今日はこんなゴタゴタしているし、忙しくて答えてる暇なかったりして!
と、少々不安を抱えていました。





しかし、そのおっちゃんは、わりとのんびり、こう答えました。
「うーん、どうだろうねぇ、はっきりしないけど、飛ぶと思うよ。私の考えではね。」

うむうむ、そっか。おっちゃんは、飛ぶと思うのだな。
わかった、ありがと。飛ぶといいなぁー
なんて、あっさり安心して帰った私でした。

「私の考えではね」というとこがミソで、天気予報ではきっと予測がつけられない状況で、
彼は今までの経験から、この後台風がどうなるかを予測していたんじゃないかと思います。
もしくは、ほんっとにてーげーに(テキトウに)答えたか(笑)

今回石垣島に来るとき、私は、帰りたくなくなったら、それはそれでいいや。そう思ってました。
石垣で数ヶ月働いてみることも出来るし、兄の家にそのまま住めばよかったわけで、
東京での仕事なんて、辞めようが、休職しようが、そのときは大して重要なことじゃなかったのです。
(それには理由がありますが・・・ここでは触れないことにしときます)

私が、どうしても東京に帰らなきゃ!という気持ちになったのは、
この旅のあいだに色々と思うところがあったのですが、結局、
東京に好きな人がいて、会いたかったから、
・・・ただそれだけだったのでした。

その人はきっとそんなこと知らずにいたのでしょうけど。
それに、東京に帰ってからも数えるほどしか会えなかったのですが・・・

でも、その決断をしたことにはなんら後悔はしていません。
ブログには書けなかったのですが、石垣島でのある人との出会いが、
この決断を大きく左右しました。その人と会って話した1日の間に、私は、
石垣島のカフェでバイトしながら2-3ヶ月暮らす、という方向に8割くらい傾きかけた状態から、
やっぱり何が何でも帰る!という気持ちに変わったのです。
それはその人の意図するところではなかったのですが・・・

今となってはもう連絡もとっていませんが、感謝すべき出会いでした。

あ、この日も全然写真がない。
唯一あるのはこれ、頂き物のチーズケーキ。
c0026178_21292173.jpg
「シュクレ」というお店の名前と、ぼうしをかぶったパティシエの絵のマークが、かわいかった。
ふわふわで美味しかったです。

今回の記事はまったく旅行日記っぽくなかったですが・・・
さて、空港のおっちゃんのカンは当たるのか!?
ドキドキしながら眠りについたのでした。
[PR]
by ekla-cafe | 2005-04-27 21:06 | log


Take it easy, love & peace!


by ekla-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 05月
more...

お気に入りブログ

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧