新シルクロード展

c0026178_12534985.jpg江戸東京博物館にて開催中の新シルクロード展へ行ってきました。
ポスターを見て気になっていて、友人に誘われて行く機会を得たのですが、ほとんど知識もないまま足を運んでしまいました。
すると・・・すごいんです。
世界初公開・日本初公開の品々がたくさん!!
2002年、2003年あたりに発掘された
遺跡からの出土品。
その遺跡は紀元前2000年頃のもの。



人間はこんなに昔から、ものを作って、書いて(描いて)、伝えて、あるいは祈って
暮らしていたんだなぁと思うとすごく感動してしまい、
逆に今の人間は「模倣する」「複製する」技術は優れているけれど、
自然の素材からものを生み出すという能力を失いかけているのではないかと
いう気持ちになりました。

私はやっぱり、人工の・・・化学物質から出来たものより、
自然の素材を使ったものに惹かれます。
綺麗な色の織物や、美しい細工の施された器や丁寧に編まれた籠、
さまざまな動物や人物を描いた壁画、
それから、ミイラの装飾品など。
何を見ても面白く、何千年もの歴史に思いを馳せながら、
実際にシルクロードをたどってみたいなあという思いに駆られました。
砂漠のなかを、駱駝にのって。

私は特に「西洋のモナリザ」と「子供のミイラ」が記憶に残っています。

大充実の「新シルクロード展」、東京会場では7月3日までです。おすすめします!
神戸岡山でも開催されます。

江戸博の常設展も、これまた驚きの充実っぷり。
こちらは写真付で、別記事にします♪
[PR]
by ekla-cafe | 2005-05-31 22:46 | log


Take it easy, love & peace!


by ekla-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 05月
more...

お気に入りブログ

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧