表現するひと

この間の土日は、イベントに行ってきました。
ひとつは、西院ミュージックフェスティバル
西院駅付近の色々な飲食店で行われる、全会場入場無料(フード、ドリンクは別)の
チップ制ライブです。
タイムスケジュールを見て、気になるバンドのライブめがけて行ってきました。

c0026178_14102093.jpgザッハトルテ」。
アコーディオン、ギター、チェロのトリオです。
友達がすごく好きと言っていたので、なんとなく気になって初めて聞きにいったんですが、よかった!
まるでパリにいるみたいです!ヨーロッパの香り~。


会場となった「ea cafe」も満員で、アンコールまで(これは本人たちもびっくり)。
この日のお昼は、京福電車内でもライブをしていたそうで、まるでパリのメトロみたいだった!
って言っていました。

私は一人で行ってビール片手にまったり聴いていい気分になってました。
でも、誰かと一緒に聴きたくなるかんじ!ほんわかしつつもじわーっと胸に響く音楽でした。
今度出るCD買ってみようかな。

次の日は、朗読ユニットグラス・マーケッツと、デザイナー集団Marble.coによる「5つの棺」。
アニメーションへのアフレコ劇、というスタイルで、こういうのは初めてでしたが、
とにかく展開がすごい!
同じ画像を繰り返し使って、ストーリーが複数展開されていくんですが、面白かった!
言葉も巧みに使われています。
「棺」「羊」「スズキ」「ツツジ」・・・

最初はなかなか話が飲み込めず、頭の中に「???」が出っぱなしでしたが、
必死に目と耳と想像力をフル回転させてました。こういう感覚、映画やお芝居でも
共通だと思いますが、楽しい!何しろ生の「声」で聴けるから、臨場感あります。

最後は、「!!!」
そうだったかぁー、と納得。そして感動。終わり方が素晴らしかった。

それにしても、「声」ってすごいな。体をちゃんと使って出している声は、
やはり普段の話し声とは違って、聴いている方の体の中にもびしびし響きます。
私はそういう声パワーを持っていないので、あこがれます。

表現するひとのパワーをもらって、なんだか元気になれました。
体を使うことって、いいなあ。
楽器にしろ、声にしろ、体を伝って響いてくる、「音」。それはまた人に伝わっていく。

うちに眠らせてる電子ピアノ、もうちょっと、たまには弾こうかな・・・
でも私、表現力乏しいんですよ。とほほ。ま、自己満足でいいか。

ちなみにグラス・マーケッツ中野さんは、
今度の手紙部+手紙屋イベントでも朗読会をしてくださるのですが、楽しみ~!
[PR]
by ekla-cafe | 2005-08-03 14:13 | log


Take it easy, love & peace!


by ekla-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 05月
more...

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧