知恩寺 秋の古本まつり

c0026178_19265536.jpg
行ってきました古本まつり
毎月15日に手作り市も開かれる、百万遍の知恩寺です。

境内にびっしりと、古書店の屋台。100円均一、300円均一、児童書コーナーなどの他にも、
オークションも行われていました。数万で落札されるものも。
古本の価値ってすごいんですね。
実家の、亡き祖父の集めた本、たくさんあるけど、美術全集とかって高価なのかなあ?
いつか日の目を見せてあげたいもんです。箱の中で眠ってます。

11月1日には、古本供養も行われていたそうです。供養というのは数々あれど、
古本供養は、この知恩寺以外にないんだって。

c0026178_19301281.jpgまず100円均一コーナーにて、2冊購入。
古本屋でしかめぐり合うことはなさそうな、
「いたずらの天才」という本。
タイトルと表紙絵の胡散臭さに惹かれ・・・
そして衝撃の裏表紙。
前書きを読んで、購入決定。
気になる方は、最後まで読んでね(笑)

もう一つは森鴎外の、「妻への手紙」。
なんとなく気になったので。

c0026178_19312417.jpg続いて色々物色しましたが、
もうええかなー、
そもそも1-2冊しか買う気なかったし、
お金もないし、いっぱい見てたら疲れたし
帰ろかな・・・と思ったところに
こんなコーナーが!!!
思わず真剣に掘り出し物探し。

5冊300円。1冊60円だもんねー。
古本屋で1冊50円ってたまにあるけど、
ほしい本なかったりするし。
でもここにはナカナカ良い本がありました。真剣に5冊選びます。




c0026178_19381996.jpgまずは宮沢賢治「銀河鉄道の夜」。
加山又造画伯の表紙が綺麗。
読みたいと思ってたしね!

それから、サガンの「ブラームスはお好き」
サガンは、去年?一昨年かな?
初めて読んだのですが好きになりました。
もう亡くなっちゃいましたね。。



その次に選んだのは、コナン・ドイル
「シャーロック・ホームズの冒険」
読んだことあるのかないのか??ま、名作だし、表紙もよかったので。
きっと面白いはず!

迷いながらも手が伸びた4冊目。
山田詠美「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」
直木賞受賞作。解説は村上龍。
読んだことはありますが、持ってなかったはず・・・。Amyファンとしてはやはり必携。

最後に手に取ったのは、いったん目にして他も見たけど、やっぱりこれ。
モンゴメリ「アンの青春」
赤毛のアンの第2作、です。懐かしいなー。

ところで本の装丁って、結構重要ですね。
昔の本で、装丁の綺麗なもの、たくさん見たけど、やっぱり良いお値段しますわ・・・
当時の価格より高かったりするし。
c0026178_1954254.jpg
⇒思わずジャケ買い(?)しそうになったのは「アテネ文庫」 可愛かった・・・。
でも中身が気に入るのがなかったのと、一冊300円だったのとでやめました(貧乏なんで。)

そういえば、切り絵の本、よかったなー。5000円もしたけど、
小さい頃読んだ絵本の挿絵を思い出した。名前忘れちゃった!!!


今日買ったのはこんな感じ。
c0026178_19483110.jpg


で、明らかに異色な一冊の裏表紙。「いたずらの天才」
c0026178_19491237.jpg
筆者であろう人のハゲた後頭部に、顔が・・・!
ま、これもいたずらなんでしょうか。
その写真横には小さく「筆者は失礼する」と書かれてます。
何やらよー分からんけど、面白そうです。

今日買った本の中で読み始めたのはやはりこの本から。読んでる途中です。
[PR]
by ekla-cafe | 2005-11-05 19:59 | log


Take it easy, love & peace!


by ekla-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 05月
more...

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧