大津でイナバウアー

昨日の夕方、滋賀県は大津市へ行ってきました。
森山直太朗「君は五番目の季節」追加公演のため。
結局一人で行ったのですが、
すごいことが待ち受けてました。

私の席は2階。
階段上って、扉から中へ入ろうとしたら、こんな張り紙が。

「2階席の方は照明演出の都合上、お立ちいただくことが出来ません」
とな!?な?なーーー!!!!

ありえへん・・・
普段のライブよりテンションが下がったのは否めません。
だって、立てないって、踊れないって、最初から分かってるんですよ。
それが会場の都合で、ですよー。
平安神宮ライブも、結果的に一度も立ち上がることはなかったのですが
あれは演出上、しっとりした曲目を選んでいたこともあったので
納得できましたが・・・
1階席の人だけ立って踊っていいなんて、2階席がだめなんて、
ひどすぎるよ。





なんてことを思っておりましたが、
なんだかんだで始まってみるとやっぱり楽しいのです。
でもね。やっぱり立ち上がりたかったよ!
特に「スキヤキ」、「星屑のセレナーデ」、
その他もろもろ、座って聴いてるなんて耐えられへんちゅうねん!!

とはいえ、この制約の中でできる限り楽しんでやろうと思い、
周りがどう思おうが関係ないやいという感じで、
立ち上がらずに全身で楽しんできました。
おとなしめな2階席のお客さんの中では、
明らかにひときわ浮いてノリノリだったことでしょう。
(でもそういうお姉さんが私の前方にいたから、
途中からその人は私の心の支えだったのでした。)

夏の公演で見たときよりもずっと後ろの席だったけど、
坊主頭からすっかり髪が伸びた直ちゃんの歌はやっぱり素晴らしくて、
お客さんを楽しませようっていうサービス精神も相変わらずで
スライドショーでは大津駅前で「イナバウアー」を決めてる写真。
爆笑させてくれました。衣装まで水色だったんは、狙ってたんかなあ?

アンコールでやっと聴けた「君は五番目の季節」。余韻にひたりつつ、
まだ聴きたい曲があるのにー、と思っていると、会場では公演終了の放送が。
拍手は鳴り終わらないけれど、2階席のお客さんは結構サクサク帰ってゆく。
半分近くの人が席を立ってました。

うっそ。と思いながら、私はまだ、あきらめられず、手をたたきながら、
熱心にWアンコールの拍手と声援を送るお客さんと一緒に、願ってました。
そしたら、直ちゃん出てきてくれました。
Wアンコールは予想してなかったみたい。嬉しかった!
「生きとし生ける物へ」をマイクなしの弾き語りで。
小さい会場ならではの良さでした。

思わぬ制約があったけれど、やっぱり行ってよかったライブでした。
滋賀県出身、パーカッションの中北裕子さんがいつにもまして元気でした。
「伝説」の時の坂田さんのドラムと中北さん、ゾクゾクしました。
バンドメンバーもみんな楽しそうだった。
一曲、初めて聴いた曲があって、すーっごいロックっていうか
パンクなかんじの。あれなんだろう?っと思ったら
おすかーさんが書いてくれてた
「坂の途中の病院」ですね。
でもセットリスト、ちょっとだけ違ったなあ。
弾き語りは「愛し君へ」じゃなくて、「セツナ」でした。

今回のライブで一番良かったと思ったのは、「例えば友よ」。
この曲を聴くと、どうしても、アルバムを買って聴きまくっていた
当初のことが思い出されて。
引っ越したばかりだった東京の新しい部屋の、オレンジ色のキッチンなんかが
はっきりと浮かんできた。この曲がそんなにも記憶に結びついてたとは
自分でも思っていなかった。
5月のあたたかくて気持ちいい季節でした。もう、2年前のことです。

なんだか長くなってしまいました。もっとすっきり書くつもりが。
えー、とにかく、友人が行く予定の「米子公会堂」公演が、
立ち見禁止でないことを願いつつ、このへんで。
[PR]
by ekla-cafe | 2006-02-27 21:04 | log


Take it easy, love & peace!


by ekla-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 05月
more...

お気に入りブログ

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧