大阪カフェめぐり② 図書喫茶ダーチャ

さて、動物園前という駅で降りて向かうは、フェスティバルゲート。
駅から直結らしいので、迷わないだろうと思ってましたが、すんなりいけました。
しかし何というか、何というんだろう・・・ちょっと寂れ気味な遊園地のような建物です。

目指すお店は3階に。
ありました!なにやら本と雑貨がたーくさん並んでいる、楽しそうなお店が。
図書喫茶ダーチャ さんです。ブログで知ったのですが、イベントをやっておられたので
見に来てみました。もちろん、「図書喫茶」にも惹かれてのことですが、中に入ると
本だけでもすーーーごいたくさん。雑貨もたーーーーくさん。何時間でもいられそうです。

さてそのイベントというのは「アール・ブリュットのかわいい雑貨たち展」。

"タイトルの「アール・ブリュット」は、フランス語で「生の芸術」の意味。
障害者などによる、既成の枠にはまらない奔放な表現力を持つ芸術作品を指す言葉でもある”-Yahoo!ニュースより抜粋-

そこには本当に生き生きとした作品たちがありました。
くすっと笑えたり、感動したり。紛れもない芸術作品が、障害者の作品だからと
その他の芸術作品と区別されてしまうのはなんだか悲しいことですが、
とにかく芸術なんです。どこの、どんな誰が作っていようとも。
私はポストカードを何枚か買いました。とっても可愛いんですよ!!
他にもTシャツなど、欲しくなるものがたくさんあって困りました。

美味しいコーヒーとオマケのお菓子を頂きながら、本も読みました。
MAYA MAXXさんの本と、アール・ブリュットに関する本や雑誌をいくつか。
あと、川内倫子さんの写真集「花子」。これすごい。映画もあるみたいです。

モノを生み出す力は、素晴らしいなあと改めて感じられた素敵なイベントでした。

c0026178_215647.jpgc0026178_2151119.jpg









購入したポストカード。
帰ってから、他のもぜんぶ買っとけば良かったとおもった動物シリーズ・・・。
[PR]
by ekla-cafe | 2006-05-07 21:07 | log


Take it easy, love & peace!


by ekla-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 05月
more...

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧