アンタレス、アルタイル、シリウス

あかいめだまのさそり ひろげた鷲のつばさ

あをいめだまの子いぬ ひかりのへびのとぐろ

オリオンは高くうたひ つゆとしもとをおとす

アンドロメダのくもは さかなのくちのかたち

大ぐまのあしをきたに 五つのばしたところ

小熊のひたひのうへは そらのめぐりのめあて


宮澤賢治「星めぐりの歌」


実家に帰るといつも楽しみにしていることは、星を見ること。

今回も綺麗な星空が見えました。
天の川までくっきり。無数の星。

小さい頃から、いつもいつも、空を見上げていました。首が痛くなるまで。
ギリシャ神話が好きで、星座の名前もたくさん覚えていました。
今ではもう、細かいことは忘れてしまったのですが。

流星群が来たときは、一人で家の前の道端に寝転がって、
いつまでも流れ星を見ていました。
あといくつ見たら家に入ろう、と思っても、
あまりにもたくさん見えるから、なかなかやめられなかった。

そういえば、私が大好きだった星座の本、実家で見つけました。
「星座を見つけよう」 H.A.レイ
c0026178_23223712.jpg


冒頭の宮澤賢治の歌は、最近よく聞く機会があって、大好きになりました。

アンタレスが光るS字のさそりが見えると、夏の空だなあって、思う。
[PR]
by ekla-cafe | 2006-08-22 23:40 | log


Take it easy, love & peace!


by ekla-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 05月
more...

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧