トニー滝谷

今日はお休みだったので、映画館に行こうと思ったのですが、
天気も悪いので、DVDを借りてきました。あまりにも良かったので、感想書きます。
c0026178_2324434.jpg

「トニー滝谷の本当の名前は、本当にトニー滝谷だった。」

つぶやくようなナレーションは、
ああ、 あの人の声だ。 と分かりました。

本のページをめくるように、ゆっくりと流れてゆく物語。

「孤独ではないということは、
彼にとって、いささか奇妙な状態だった。

孤独でなくなったことによって、
もう一度孤独になったらどうしよう

という恐怖に
つきまとわれることになったからだ。

ときどきそのことを思うと、
”冷や汗が出るくらい怖くなった。”」




彼が感じた恐怖は現実のものとなってしまいます。

愛する妻が遺した大量の服を目の前にして、呆然とするトニー。
少しずつでも、彼女の死を受け入れようとするのですが、
そのために変わった行動に出てしまいます。

彼女の影を消し、忘れようとする彼の姿。
トニーの妻が残した洋服を手にして泣いてしまう女性。

トニー滝谷は、最愛の人を失って、再び孤独になってしまうのですが
それでも、彼女に出会う前の彼とは、同じようで少しだけ違う。

トニーの父が演奏するジャズが、
幼い頃と少しだけ違って聞こえたのはなぜなのか。
私はトニーに教えてあげたかったのです。
孤独と、人を愛することと、その人を失う恐怖を知ったからなのだ、と。

c0026178_2251616.jpg


見終わって、苦しくて、悲しくて、おなかの底に重たいものが残るんだけど、
でもそれは暖かくて切ない涙がつまった、
まあるいスポンジのようなものなのです、たぶん。


映画を彩る、哀しく美しい音楽は、坂本龍一さん
ナレーションは、西島秀俊さんでした。(←スキ。)

c0026178_22184145.jpg主演のお二人は、とにかく、素晴らしい存在感です。
イッセー尾形さん、宮沢りえさん。
それぞれ、一人二役でした。
(イッセーさんの二役に、気づかず!!!)

『トニー滝谷』 2004年 Wilco Co,.Ltd
原作 村上春樹
監督 市川 準
オフィシャルHP
[PR]
by ekla-cafe | 2006-09-07 22:22 | log


Take it easy, love & peace!


by ekla-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 05月
more...

お気に入りブログ

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧