若冲見たぞー

c0026178_2172165.jpg













あの人もこの人も、見に行った人みんなが大絶賛のこの展覧会。
やっと行ってきました!

プライスコレクション 若冲と江戸絵画展 @京都国立近代美術館

平日だというのに大混雑でした。ふぃー。しんどかった。

でも、本当に本当に、行ってよかった!どどーんとやられっぱなしでした。
じっくり、堪能してきました。

とはいえ、「・・・若冲て誰?」だった私、
江戸絵画のなんとなく、なイメージしかない状態で見に行ったので、頭ぱんぱんです。

作品解説ももらって感想をメモって帰ったので、
好きになった作品を書きとめておきます。

ちなみに、私、京都市美術館とこの国立近代美術館の区別が
ついておらず、最初に京都市美術館の方に行ったら、
どこ見ても「ルーブル」の文字だらけだったので、おっかしーなーと思ったら
間違ってた。国美は向かいの建物でした。ははは。

ではでは、気合入れなおして
怒涛のプライスコレクション、必見の!



【ご注意】
・相当長いです
・タイトルをクリックすると画像が見られます
・クリックしすぎるとウィンドウが増殖するので、都度閉じましょうね

では、いってみよー。いきなり、どーん!

白象黒牛図屏風/長沢芦雪

 おっきい黒い牛と、その足元にうずくまる白い子犬が可愛らしい。
 白い象は画面からはみだしてるのも良い。白と黒のコントラストも利いてます。

美人に犬図/山口素絢(やまぐちそけん)

 かわいい~。セクシー。

岩上猿猴図/渡辺南岳

 お猿さんの表情。あとこの筆のタッチ好き。

猛虎図/伊藤若冲

 いくつかあった猛虎図の中でも、これがいちばん良かった。
 虎がかなりリアルな毛並みだったりするのに、背景はテキトーな感じもよろしいです。

鳥獣花木図屏風/伊藤若冲

 出たー。モザイクです~!
 ポップでカラフル、動物園。
 江戸な感じより、エキゾチック。
 とにかく細かくて、そしてとにかく可愛い。
 近くの椅子に座ってぼーーーっと見てました。
 雑誌「BRUTUS」にも、でかでかと取り上げられてましたね。

 これ一目見たとき、銭湯とかの風呂場を想像したんだけど、
 プライスさん、ほんとにお風呂作ってた。ワカッテマスネ!

花鳥人物図屏風/伊藤若冲
黄檗山万福寺境内図/伊藤若冲
鯉魚図/伊藤若冲
伏見人形図/伊藤若冲

 ここまで若冲三昧!
 筆のタッチが絶妙なんです。バランスもパーフェクトですー。
 ちょっと気の抜けた感じのが好き。びしっと決まってるのより。
 伏見人形図はほっこりする絵柄で、チケットにも図案が使われていました。

文読む美人図/歌川国貞
 
 これ、特筆すべきは炬燵掛けの更紗の布!可愛いんですわ~色柄が。

~そっくりさん発見編~
二美人図/喜多川菊麿
 →東京都渋谷区在住 Sさん

立美人図/懐月堂度辰
 →京都市在住 Aさん

  お二人とも、日本顔だと思ったことないのに、なぜかものすごく
  似ている!!と思ったのでした。

~ちょっと怖い人たち編~
幽霊図/長沢芦雪

 こわいけど綺麗ですよね。物憂げで。(陽気な幽霊はいないか)

柳下幽霊図/呉春(幽霊)・松村景文(柳)

 これ本気で怖いですよ。夢に出たもん。怖がりの人は見るべからず・・・

~以上~

次はあでやかな扇!

風俗図扇面画帖/歌川国貞
桜花花魁図扇面/歌川国貞

 どうやら私は歌川国貞さんが好きなようだー。

お多福鬼図/柴田是真

 とにかく可愛らしい。福は内、鬼は外なのです。

山水図/柴田是真
 
 漆を使った絵です。色艶がもう素晴らしかった。

~さてここからは後半戦、江戸琳派です~

三味線をひく芸者図/中村芳中

 最高ですなコレ。荒井良二さんの描いた扇子見たときも「欲しいーーー!!」と思ったけど、
 これも。なんか欲しいぞ。

ここから、すごい。すごすぎるのですこの絵たち。
抱一(ほういつ)さんも其一(きいつ)さんも、どっちも好きです。

扇面貼交屏風/中村芳中・鈴木其一
四季草花図・三十六歌仙図色紙貼交屏風/酒井抱一
三十六歌仙図/酒井抱一
佐野渡図屏風/酒井抱一
飴売り図/鈴木其一
漁樵図屏風/鈴木其一

 ほわーん。

狐の嫁入り図/鈴木其一

 女狐は白い。

群舞図/鈴木其一

 曲線と文様の美。

秋草図/鈴木守一(しゅいつ)

 これはもう本当に、全部が素敵です。綺麗です。
 蝶々がひらり。

扇面流図屏風/鈴木守一(しゅいつ)

 青と金って、なんでこんなに綺麗なんだろー。

蓮図小襖/中野其明

 こんな襖が家にあったら、ドキドキしますよ。
 はぁ~。
 誰か描いてー。


以上全109点中、入れ替えで見られなかったもの7点を除く102点、
じっくり見まして、私がその中でも特にいいなー好きだなーと思うものを
書き連ねました。ええと、何点あるんだろ。

数えてみたところ、30点。
でも、まだ書き切れなかった「いいなあ」はたくさんありました。

これだけ強烈な美術展、久しぶりでした。
この記事書くのにも、美術館滞在時間と同じか、それ以上かかってます、2-3時間ほど・・・。
全109点は、公式ブログがあります。こちら。(作った人ほんまにスゴイ)

それにしてもこの長文。
全部読まれた方いらっしゃるんでしょうか・・・ありがとうございます(涙)

実はこの後、細見美術館で開催中の江戸琳派展もハシゴしたのですが、
もうねー、パンパンで、いっぱい、、でした。
脳みそが。いや、心も。
足も(フラフラ)。
人が少ないから、ゆっくり見られたのは良かったんだけど。

ほんま、プライスさん、いいもん持ちすぎなんですわ。
見せてくれてありがとうございました。
[PR]
by ekla-cafe | 2006-10-27 18:10 | log


Take it easy, love & peace!


by ekla-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 05月
more...

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧