角つき狛犬の謎にせまる。

北野天満宮に角がついた狛犬がいるのですが、
あれは本物なのか?(角だけ不自然。)という話題が上り、
さっそく調査しました!

まずは、私が不自然ともなんとも思わず、おもろい狛犬だと思って撮った写真。
2006年3月11日 撮影。角が珍しいんだけど、結構かっこいい顔やないですかね?
c0026178_128741.jpg




クローズアップ・角
c0026178_1293260.jpg

確かに、角がちょっと黄色っぽいというか・・・色が違うような気もします。
狛犬自体、結構新しいのかな?キレイですよねえ。

で、とりあえずGoogle検索で調査。こんなん見つけました↓

●○狛犬とは…
狛犬の起源はインドにあり、仏陀の威厳を象徴的にあらわすために
仏像の台座にライオンの姿をあらわしたのが始まりといわれます。
さらに中国ではこれに墓域を護る角(つの)のある想像上の守護獣
という性格が加わり、日本では角のある狛犬、角のない獅子の組み
合わせになったと考えられています。
私たちは普通これを無意識に狛犬と呼んでいますが、
阿形(あぎょう)は獅子、吽形(うんぎょう)は狛犬というのが
本来の呼び名です。ただしこの区別は必ずしも厳密には守られ
なかったようで、獅子どうしの組み合わせもしばしば見られます。

抜粋:
平安京メールマガジンfrom Kyoto 

へぇぇぇ知らなかった!
角があるのが狛犬、無いのが獅子。本来は左に狛犬、右に獅子のセットなんですねー。

私の調査はここで終わりません(笑)
詳しいことは、宮司さんにでも聞いてくるか!ということで、
続きは後日(たぶん)。


<その他参考URL>
京都検定合格を目指す京都案内:
京の狛犬探訪
[PR]
by ekla-cafe | 2006-12-06 10:38 | log


Take it easy, love & peace!


by ekla-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 05月
more...

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧