懐かしの学び舎&ゼミ

c0026178_11102754.jpg先日、久しぶりに大学のゼミの先生に会いに行きました。
大学の敷地に足を踏み入れるのも久しぶりで、
すごく懐かしかった。

試験期間も終わり、学生は少なかったのですが、
学生、若いなー。
私もあんなんだったのか・・・ふぅ~。学生はよかったなぁ。
なんてセリフを吐く日が来るなんて。
確実に時は過ぎている。


私はゼミが大好きでした。
このゼミに入りたくて入りたくて、試験が受かったときはものすごく嬉しかった。
就職試験と一緒か、それ以上くらい、合格発表までの時間は緊張していて、
緊張をほぐそうとして「雪苺娘」っていうでっかい大福をぱくついた記憶があります。
おなかいっぱいになっただけで、別に緊張はほぐれませんでしたが。





ゼミでは、3年生と4年生でディスカッションするのですが、
いつも、お菓子が回ってました。ぐるぐるぐるぐる、お菓子をまわしながらしゃべってた。
もちろん先生も一緒に食べててね、楽しかったなー。話の内容はまじめなんですけどね。
ゼミの後も、仲のいい子とはひたすら語り合ったりしたなあ。

仕事に直結するような学問ではなかったので、
大学時代はすばらしき時間の使い方をしてた気がします。

社会に出て仕事には役に立たないことでも、私個人の人生には非常に役に立つので。
価値がないと思う人にとっては、理解不能な学問なのかもしれません。
でも、こんなことを色々考えることができる場所があったことは、私にとっては、
すごく価値のあることだった。
このゼミに入るためにこの大学に引き寄せられたのかなぁ、
来るべくしてきた、必要な出会いだったような気がします。
それくらい、このゼミで過ごしたこと、先生に出会ったことは、
私の人生の中で大きいのです。

先生に、卒業後のあらゆることを、ぜーーんぶ話しました。
4時間、ずっと話してました。
もっと先生に早く会って、話しをしてたら、これほど無理を続けて辛い思いをすることも
なかったのだろうと思ったのですが、
今こうして私と話して、先生に「成長したと思う」と言ってもらえて嬉しかったです。

そしてその次の日、ゼミの友達に会いました。
その子が、面白いところがある、といって連れて行ってくれたのが「なんで屋露店」。

世の中の色んな、「なんで?」っていう疑問に対して、答えをくれるのです。
お題は、たとえば
「いい女って、何? 」「国の借金が700兆もできたのは、なんで? 」
「おじさんの話が面白くないのは、なんで? 」とか。

自分の好きな「なんで?」を投げかけると、
納得いくまで、話を聞いたり質問したりできます。
1対1のこともあれば、複数人でディスカッション状態になることも。
路上のしゃべり場っていうか、ディベートっていうか、、
少々カウンセリングっぽくもあり。
面白いことやってる人もいるもんだ、と思いました。


誰か答えをくれ、なんでなんだー!?って疑問がある方は、行ってみても面白いかも。
また、自分なりに答えがあるんだけど、それ以外の解釈を聞いてみたい、鋭い突込みを
しまくってみたい、なんていう人も、楽しめるかも。

しかし、私たちの行き着く疑問は、「なんで、なんで屋やってんだろね!?」
ということだったのでした。

なんで屋HP
[PR]
by ekla-cafe | 2005-02-25 11:13 | log


Take it easy, love & peace!


by ekla-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 05月
more...

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧