<   2007年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

アムリタ

私は3歳くらいのときに、ちょっとした崖から落ちて頭を打って
何針か縫っている。

私の一番古い記憶は、その落ちるまでと、落ちてから泣きわめいていたら
叔父が通りかかって助けてくれたところまで。

頭からはたくさんの血が出ていたらしい。
落ちたとき一緒に遊んでいた兄が、そのときどうしていたかとか
流血した私を見た父や母がどんな反応をしたのかとか
その後私が手術して髪の毛がなくなって、
白いネットをかぶって保育園に通っていたこととか
そんなことはぜんぜん覚えていない。

あの時、もっとどうにかなっていてもおかしくなかった、と思う。
でも子供だったからか、たいしたことなかった(のだろう)。

ちなみに、記憶というのは不確かなもので
兄は長年、「自分が妹を突き落としたのではなかったか」という
疑念に苛まれていたらしい。

去年遊びに行ったときに、ふとその話題が出たので、
それは違う、とはっきり言った。
そんな風にずっと思っていたなんて、こっちのほうが驚いた。
私は自分で勝手に落ちた、後ろを向いて頭から。
それだけははっきり覚えている。落ちていくスローモーションの感覚まで。

「アムリタ」吉本ばなな

この小説の主人公は、転んで頭を打って記憶をなくした。
それを取り戻すまでは「半分死んでいた」。

自分がどんなだったのか、わからない ということは怖いと思う。
日々、新しい自分の記憶が常に作られているけれど
過去と未来を途切れることなくつなぐ記憶がなくては、
つまり寝る前の私と起きたときの私が同一人物であるという
確かさがなくては、自分をどんな人かと(だいたい、であれ)言えない。

こういう「自己心理学」というのを大学で学んだとき、結構な衝撃を受けた。
それは大学1年のときだったけど、
「ああ、私は一回、高校生のときに死んだんだな」と思った。

今までつかんでいた大きなものを手離した。
そしてその時見た夢はまさに象徴的で、父親が死んだ夢だった。
私はその頃、長年積み重ねられてもうどうしようもなくなっていた
父親の期待を、ついに裏切った。
その時の私は、いったい何者なのか、何者になればいいのか
自分でもまったく分からなかった。
だから心理学なんかに興味を持ったりもした。

それから何年も経っているけど、私の一部はまた何度か死んでいる。
色んなものや人のお墓が私の中にはひっそり建っている。
これからも増えていくだろう。そして新しい記憶をつくる。

何年もかかったけれど、父親とは、今は仲良くやっている。

色々あったけれど、京都で今、どうにか生きている。
過去に捨てた(捨てざるを得なかった)ものや、新しく得たものの記憶を
いっぱい詰め込みながら、日常をごくごくと飲み込みながら、
私の人生はどんどん面白くなる。

時の流れがもたらす、人生の美しさ、残酷さ。
手放してはまた手の内がいっぱいになる。何か新しい美しさで。


主人公・朔美が出会った友人、メスマ氏のことば
これがすべてだと思う。
[PR]
by ekla-cafe | 2007-01-30 16:53 | log

哀しい予感

よしもとばなな原作「哀しい予感」のお芝居を観にいった。
静かで哀しくて、でもあたたかい雰囲気に包まれた舞台でした。

本当によいキャスティングで、お芝居も全員、すばらしかった。
弥生と哲生のほんものだなあ、という気がした。
弥生役の市川実日子さんには、独特の存在感がありました。
奈良(美智)さんの描く女の子のような。
哲生役の加瀬亮さん、あの爽やかさとまっすぐさと、
なんというか、、、真摯で
ほんとうに「魂の綺麗な人」というのが納得できる演技だった。

お姉さん(ゆきのおばさん)役の藤井かほりさんもよかった。
ゆったりと歌うように話す、きれいな声と、ちょっと冷たい感じ。
地味でおかしな生活をしている音楽教師という役にぴったりで。

それから、音楽も素敵だった。ビョークとか。

観終わっていろいろ考えたけど、
一緒に観にいった友達にはほとんど伝えられなかった。
言うべきかどうか迷ったこともあったけど、言わなかった。

結局、どんなこともその人にしかない事件であって
他人と分かち合うことはできないと、思っている。

けれど物語や人の話から救われることもあるのは事実で
この「哀しい予感」だけじゃなくて、ばなな作品はぜんぶ、
とんでもない事件にあった人が出てくるんだけど
普通の生活をしていたりして、もしくは出来るようになっていって、
そこがすごくいいところ。傷ついても再生している。

「分からないままでいいことなんて、ひとつもないんだ」

「するとしないとでは、180度すべてが変わってしまうことがある。
私にとっては、そのキスがそれだった」

「私たちこれからきっと、楽しいよね?」

哀しい予感からは、明るい未来の予感がして、舞台は終わった。

生きていればいろんなことがある。
ごはんが美味しいとか、空が綺麗だとか
くだらないことで誰かと大笑いしたとか
切なくて涙が出るとか
そんなことで何かを強く感じたときに、
死んでなくてよかったと思う。

それどころでなかった時があったから、ほんとにそう思う。
そしてそれはつい数ヶ月前のことだったんだ、と思い出す。
最近、無理をしがちなので、あえて意識する。

今日も美味しいご飯を食べた、
大好きなFlip Up!のぱんを、二条公園の青空の下で、
十月桜を見ながら。
今日の中では嫌なこともちょっとあったし疲れたけど、
まあそれでも外で食べたぱんは美味しくて桜は可愛かった。

それから、「帰り」がちょっと楽しかった。
「たまにまた一緒に帰ろうね」
って、なんだか学生時代を思い出してしまったけど、嬉しかった。

そういうことこそが重要なのです。

さて、楽しかった帰り道と最後の一言をじっくり味わいながら、
晩ご飯の後から豚の角煮を仕込んだ。今、コトコト煮ている。
今晩寝かせたら、明日の朝、脂を取ってまた煮込む。
おいしくなりそうだなあ。
おいしくなってしまったら誰かに食べさせたくなるんだけど。

いつもいつも、楽しいことばかりな訳はないけれど
死んだように(死んだまま)生きるのはやっぱりしんどいので、
生き生き生きたいものです。
[PR]
by ekla-cafe | 2007-01-30 14:13 | log

きらり

c0026178_1462389.jpg



二条公園の十月桜

今日はほんとにいいお天気ですね。ぬくいわ~
[PR]
by ekla-cafe | 2007-01-30 14:02 | log

おでんおでん

1日目の晩御飯はおでんの「よし坊」さん。(ここも私が勝手に決めていた。)

カウンターに座って、地酒を頼んでちびりちびり。
色々食べましたが特に美味しかったの、
ばい貝のおでん!!
これは先日行ってこられた方のオススメでしたが、ほんま美味しかった♪
ばい貝ガーリックバター炒めも、ちょっとイタリアーンでうまうま。
ヒメカサゴの煮物もいくつでもいけそうで、箸が止まらない。

そして、すごかったのは「ばくだん」。練り物の中にゆで卵がごろん。
さらに、締めに頼んだ悶絶モノの「かにちらし」
目の前のカウンターで、私たちだけのために
店のおかみさんが丁寧に丁寧に作ってくれたそれは
美味しすぎてお持ち帰りしたいほどでした。(がまん)

c0026178_23284851.jpg
c0026178_2329042.jpg
c0026178_23291419.jpg
上から ばい貝・ばくだん・かにちらし。

幸福でお腹一杯で、宿に帰って
こたつ入ってTV見て、手紙書いて
順番にお風呂はいって寝た。

よく眠れました。
何かとっても面白い夢を見て、「これ起きたら話そう」と思っていたのに
目覚めたら忘れていた。もったいない。

次の日は兼六園→21世紀美術館!
[PR]
by ekla-cafe | 2007-01-29 23:06 | log

まいどさん、茶房ゴーシュ

近江町市場から尾張町を抜けて東茶屋街へ到着。

宿へ向かう途中、無料の休憩所の建物が古くて素敵なので入っていったら
人の良さそうなおじいちゃんが出てきて、色々説明してくれました。

昔からある建物の、部屋の四隅にあった釘が蚊帳吊り用だということや、
階段の引き出しや、表の蔀戸(しとみど)の開け閉め
(しかも、わざわざ夏バージョンに付け替え実演つき!)。

さらには加賀藩前田家の家紋、剣梅鉢紋つき番傘を持った写真を撮ってくれ、
これから宿へ行くところだと言うと、別の方を案内に出してくれるほどに、
とっても親切でした。

このおじいちゃん(おじさん)たちの正体は、
観光ボランティア「まいどさん」。
場所がわからず電話した宿のご主人も、分かるように出てきてくれていて、
無事到着。連れて来てくれたまいどさんにお礼を言ってサヨウナラ。
それにしてもあの、いろいろ説明してくれたまいどさんの福岡さん、
優しかったなあ。笑顔が最高でした。

さて宿について部屋に通されたら、思っていたよりもずっとキレイで、
さらにテンションが上ったのは、コタツがあったこと。
(1泊3000円なのに~)

重い荷物を降ろして一休みして、
コタツで動けなくなりそうでしたが気合を入れて、
まず出かけたのは私が前回行けなかった「茶房ゴーシュ」。

ご飯の予定もあるし、飲み物だけにしたのですが、
サイフォンで淹れてくれるコーヒー、とても美味しかった。
それに空間がとてもよかった。静かで暗くて落ち着く。
二人とも寝そうだったのでした。

c0026178_21575972.jpg
c0026178_2158893.jpg
ゴーシュの軒先のランプ。


このあと隣の「くるみや」さんで葉書や雑貨やお菓子を買って、
金沢の繁華街、香林坊へ。めざすはおでん「よし坊」さん!

つづく。
[PR]
by ekla-cafe | 2007-01-27 22:08 | log

エレベーター

近江町市場のエレベーターについている名前は

c0026178_21431545.jpg


ウシ

バナナ

ほかに「タイ」もあった

ついでに、市場のカニカニ天国はこんなかんじだった↓
c0026178_22161193.jpg

右見ても左見てもカニ。
[PR]
by ekla-cafe | 2007-01-27 21:43 | log

金沢・近江町市場

2007年1月19日(金)朝9時45分過ぎ

三条京阪からバスの旅、はじまりはじまり。

山科を越えて滋賀に入ると
もう、見たことのない地名だらけでした。周りは白くお化粧した山脈。
しかし、この日はぴかぴかの晴天。
金沢の雪景色は期待できなくなりました・・・。

途中で数回休憩あり。
S.Aでじゃがいも入りかまぼこを食べました。
伊勢のもの。ほくほくでおいしかったー。

しかしこれからまだまだ美味いものが待っている!
お腹の減り具合をお菓子で調整。空腹すぎてもいけないのです。

金沢の小さいガイド「そらあるき」を読んだり、おしゃべりしている間に
バスは福井県の敦賀へ。日本海が見えてきた!
波がざっぱーんと桟橋に打ち付けて、噴水のごとくしぶきが上っています。
色は少し曇った薄い緑色。
この海で育った美味しいお魚ちゃんたちよ!市場で待っときや~

というわけで、2時ごろ金沢市内の武蔵が辻に到着後、まっすぐに
めいてつエムザ側から近江町市場へ。お昼はお寿司と決めていたのです。
空腹も手伝って、あまり迷うこともなく市場入り口すぐのお店へ。

周りのお客さんの様子も伺いつつ、注文開始!
覚えてるだけですが食べたのは以下+α
c0026178_11205351.jpgさば 
サーモン
こはだ
かに
c0026178_11244490.jpg寒ぶり
生たこ
ノドグロ (コレ→)
はちめ
あなご
(すべて二人で一皿・
一巻ずつ)

全部美味しかったけど、
特に一番の感動はノドグロ!

ノドグロは日本海のお魚だと知ってはいたけど、食べたことなかった。
これが、淡白なようでしっかり甘みもあって、程よく脂がのり、
とろっとしていて最高なのです。
カニも、濃厚な味噌がのっかってて、うまかったー。
肉厚サーモンも寒ぶりも。
はー幸福。おなかいっぱいでお会計したら、一人1300円。
安っ

その後は市場をうろうろ。この時期の金沢はカニカニ天国ですな。
いろんなカニがいて面白い。もちろん、お魚もいっぱい。
見たことないのもいっぱい。

道の両脇にびっしり並んだお店のまわりを、
たくさんの掛け声とお客さんが行き交う。
お腹一杯、だったのに、美味しそうなコロッケやさんを見つけたのでつい
カニコロッケを食べました。うぅぅまい。(近江町コロッケ)

それから、これは買わねばと決めていた「福だるま」と「豆板」を無事購入。
初日だけど買っとけ、という感じだったのですが、もう一度行ったときは
日曜でお休みだった。ほっ、よかったよかった。

さて満足したし、そろそろ宿へ向かうか、ときびすを返した道すがら、
「おねーさん、これ全部買っていかない?全部で5000円!」

見ると、おにーさんが指している「これ全部」とは
カニ(5000円)を含め明太子、魚の干物、その他忘れたけど5-6品。
その上「コレもつけてあげるから!」(と、イカの干物を出す。)

うーんすごすぎる。たぶん、元の値段は8千~1万円??
私がお金持ってたら迷わず買ったな。
一人で食べられないけど、まあ誰か呼べばいいわけだし。

だけどね・・・私は今、貧乏なのだよ!!許してくれたまえ。
などとは言いませんが丁重にお断りして、
残念そうなお兄さんを後ろに、その場を去る。
あぁー私も残念だったなあほんとに。
(彼は売ってしまって、さっさと店を閉めてしまいたかったに違いない午後3時過ぎ。)

その後、市場を去ってから思い出して郵便局に寄り、風景印を押す。
めちゃくちゃ良かったです、この風景印。(後でご紹介の予定)

そして「千と世水引」さんを探すも見つからないので、尾張町を歩いて東山へ。
次は東茶屋街に入ります~。
[PR]
by ekla-cafe | 2007-01-23 15:42 | log

ただいま京都

二泊三日金沢旅行から帰ってきました。
楽しかった。たくさん食べた。

c0026178_21481066.jpgところで、帰ってきた私たちを京都駅で迎えてくれる
いつもの京都タワーが、
いつもとなんか違った。

実は、山科を越えた辺りから
向こうに見えるタワーに異変があるのは
なんとなく気づいていたのですが、
駅で見たらもう、確実におかしい。

工事中みたいです。
だれかにかじられたみたいに、欠けている。

早く元にもどってくれないかな。
形が変わったりしないよな・・・と思ったら、
塗装をキレイに塗りなおすだけのようでした。よかった。

あのままがいいのだ、京都タワーは。
きれいになったら、のぼりに行こうかなあ。

金沢の旅日記は、ぼちぼち書きます(絶対!)
とにかく、お寿司がおいしかった。
近江町市場はカニ天国。
奈良さんのカフェで嬉しいことがあった。
あうん堂が、居心地よすぎた。
まいどさんのおじいちゃんが、可愛かった。
その他もろもろ・・・。
[PR]
by ekla-cafe | 2007-01-22 21:52 | log

ふたたび金沢

金曜日から、金沢に行ってきます!
2年ぶり、2回目。大好きな街へ。

一番のお目当ては、21世紀美術館で開催中の奈良美智展
「Moonlight Serenade -月夜曲」と、スタジオカフェ。

それから竪町の色んなお店、かわむらの甘納豆、
香箱ガニ(おでん「よし坊」)、東茶屋街の「ゴーシュ」、
一笑にもまた行きたい。
あと、Rallye、Collabon,その他もろもろカフェやら雑貨屋・・・
うわぁぁぁー!楽しみです。

今回は天気があまりよくなさそう(京都より寒い!)なんだけど
雪の兼六園が見られそうです☆
これはたのしみー。

前回の金沢旅行記も、全部ちゃんと書かないままですが
申し訳程度に前回の写真。

c0026178_23265426.jpg

京都に引っ越す前、あじさいの綺麗な6月に行きました。2005年。
まだ京都の家を探しに行く前だったので、「金沢でもいいかも」と思った。

c0026178_2318161.jpgこんな部屋にしたかった。
今でも本当は。
c0026178_2327378.jpg
[PR]
by ekla-cafe | 2007-01-17 23:23 | log

坦々鍋

お正月に実家で食べた(生協のセット)のが美味しかったので、
自分でレシピを探して、作りました。
〆はもちろん、たんたんめーん!
これがやりたくて友達を呼んで、みんなで食べました。

具は、豚ひき肉、豚もも肉(バラでも)、鶏団子、
青梗菜、白菜、大根、かぶ、ねぎ、おとうふ、ザーサイ。

Mちゃんが帰省のとき買ってきてくれた、八丁味噌をブレンドして、
すりごま&ねりごまたっぷりと、(必殺!)石垣島ラー油。
かーなーり美味しくなりました。

京都で出来た友達がたくさん家に来たのは初めてで、
こたつを囲んで鍋をするその平和な光景が、とてもうれしかったです。
鍋の後、おやつ食べつつ、トランプ出してきて大富豪をしました。
久しぶりの大富豪は盛り上がった。

その後も深夜までずーっと話し込んで、
なんか大学生っぽーい(友達はみんなそうなんだけど)
と思いながら、楽しい夜をすごしたのでした。
みんなありがとう。
[PR]
by ekla-cafe | 2007-01-16 15:24 | log


Take it easy, love & peace!


by ekla-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 05月
more...

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧