<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

祭りとライブ

この週末は、石垣島まつりがありました。

日曜の夕方から行ってみたのですが、想像以上に賑わっていて
そこらじゅうが人。人人人。

屋台がたくさん出ていて、舞台では地元出身ミュージシャンによるライブや
伝統芸能が上演されていました。

会場の公園の広場にレジャーシートを敷いて、みんな楽しそうに飲んだり食べたりしてる。
(みんな舞台観てる・・・のか?という感じもしなくもないけど、これぞ祭りですかね)
私は一人で来てて、これは誰かと来るべきだったなーと思ってしまいました。

数時間いたのですが、とにかく人の多さに圧倒されました。
石垣ってこんなに人いたのか!と(笑)
とはいえそれなりに楽しめました。

そしてその後は!すけあくろでタテタカコさんのライブでした。
京都で2回、タテさんのライブに行ったことがあったのですが
石垣でのライブがあると知ったのは先週のことで、びっくりしたー。

夜8時過ぎ、祭りの花火を見るのを我慢してライブ会場に行ったのですが
開演時間を過ぎても始まらない。

外では花火の音がしてて、うーー、見たかった・・・と思いつつ、ひたすら待つ。

するとタテさんやっと登場。
「みなさんの代わりに(?)花火見ていて遅くなってしまいましたー。許してください」
「えーーーー!」とブーイング交じりに笑いが起こる。
このユルさが好きですけどね、タテさん。
いいと思うよ花火見て遅刻しても。私も見てくれば良かった!

さてライブはとても楽しくて今までで一番よかったです。
前に行った時は、静かにうっとり聴いてるだけ、という感じだったんだけど
昨日のは違った。

タテさん突然、みんなで一緒に歌って遊びましょうみたいに言い出しまして
カンボジアの学校で子供たちと一緒に音楽の授業をやったときみたいに
石垣の大人たち相手に遊んでくれました。
いや、ほんと楽しかった。
アンコールも3曲歌ってくれて、充実のライブでした。
ここ5-6年くらい、石垣には毎年来てくれてるらしいので、また来年会いましょう。

そしてライブ会場で偶然、再会した人がいて(引っ越したものと思っていた)
実は引越ししないことになって石垣にいるとわかって嬉しかったー。
私が石垣に住もうと思うに至ったきっかけの一つを作ってくれた、大事な人だったのです。
連絡先も交換して、今度お茶しましょうねということに。良かった良かった♪

あ、そういえばタテさんが言っていた衝撃的な出来事。
コンビニシーサーがつぶれていたと。
私も知らなかった、びっくりした。つい最近らしいですが。
これで島のコンビニはココストア独占状態に・・・。
[PR]
by ekla-cafe | 2009-11-09 19:29 | log

アルメニアに旅立つ本

日曜日のことですが、ある本(子供向け雑誌)を寄付してきました。

前の週にカレーを食べに行ったお店の隅っこに「アルメニアに本を送ります」のコーナーがあり
絵本か辞書か、日本文化の分かるようなやさしい本を集めているとのことだったのです。

気になったので、家に帰ってから思い当たるものをみつくろってみようと思いました。
といっても候補は少なくて、古い雑誌だけ。

ひとつは、「ワンダーブック」という、私が生まれるより前に刊行されたすごく古いもので
何年か前に、京都の道端で「ご自由にどうぞ」のガラクタ類に混じっていたのをひろったのです。
なぜなら表紙の絵が可愛かったから。

京都から引っ越す時に、かなりの本を古本屋に出して来ましたが
表紙の可愛さのあまり手放せなかった、というか、古過ぎて売れないと思ったのか、
ワンダーブックは石垣まで連れて来ておりました。

同じ理由で古い「暮らしの手帖」もありますが完全にジャケ買いで、ディスプレイとなってます。

これを寄付するとしたら、ということで改めて中をじっくり読んでみました。
すると、ワンダーブックは絵本としてかなりいいお話が入っていて、
いつか(一体いつだ)自分の子供に見せたい、やっぱり寄付するのやめようかとも思いました。
4冊の中で特に表紙も気に入っているものは手放すのが惜しくなり、かなり迷いました。

だけど。なんだかやっぱり、これを受け取って喜んでくれる人がいて
「いま」私が持ってるより役に立つのなら、と思い直し、4冊持っていたワンダーブックを全部
アルメニアに送ってもらおうと決めました。

暮らしの手帖(現代のでなく初期のもの)は検閲の結果、時代の考慮ということもありますが
内容的にも日本文化を知るには分かりやすいとは言えず、マニアックすぎるのでやめました(笑)

さて、美味しいご飯を食べに行く口実も増えた、というわけで後日そのお店に行って
ゆっくりご飯を食べた後、お会計のときに本を手渡しました。

そしたらお店の人も喜んでくれて、ワンダーブック自体にも興味を持ったようで
読んでみると言ってくれました。私もその本はとてもいいと思っていることを伝えました。
そして偶然、元の持ち主の名前が書いてあるのを発見したり!

少し交わしただけの会話でしたが、今までその方の姿や接客の様子から感じていた通り
そして店のテーブル、イス、置いてある小物、食器、ランプ、ステンドグラス、本棚にある本など
料理だけでなく全体の雰囲気そのものを私が好きだと感じるように、その人はやっぱり素敵な人でした。

こうして私が京都で拾った本は、石垣島を経由してアルメニアへと旅立つことになったのです。
京都でこの本を「もういらないな」と思って家の前に置いていた人は、びっくりですよね。
もっと言えば、当時この本を作るのに関わった人たちも想像していなかったんじゃないかな。

でも、そんなこと言ったら、この世に存在するものは何でも、どういうルートでどこへ行っているのか
私たちの予想を超えることなんてしょっちゅう起こっているんでしょうね。
かつて私が出した古本だって、今頃誰とどこへ行っているのやら。

小さな偶然の積み重なりのような出来事が縁になっていく、
そういうことが日々小さなことから大きなことまで起こっていて
人生って面白いね、って思うのです。

私がカレー屋さんを通して送った本を読んで、誰かが笑顔になるかもしれない、
そういうことを思うだけで自分も幸せになれるんだね。なんか得したな。

あれ、これって。
すべてのことはそういう風に思えばいいんだって気がする。
小さなことでも、やれば絶対何かが変わるってこと。
一人で全部やるの無理だから、一つもやらないんじゃなくて
一つでもいいから出来ることをやったらいいんだな。
募金だって寄付だって、ゴミ拾いだって。マイバッグ持参だってそうだもんね。

話が延々と広がりそうなのでこの辺で。
[PR]
by ekla-cafe | 2009-11-04 00:29 | log

豆と雑穀ごはんが好きです

今日も寒い。昨日より寒い。足が冷えてます。
靴下2枚履き+ルームシューズなのに冷えている。

部屋の床がタイルなので、余計に冷たさがダイレクトに伝わるみたい。

今、ネットの天気予報で調べてみたら、最低気温が19度(前日より-1度)!
私の住んでいる場所は石垣市内に比べて山に囲まれているので、気温が低いといわれます。
なので18度くらいなのかも。
いずれにせよ、20度切ってるではないか!!
これって石垣では立派に冬の気温です。

扇風機がさすがに寒々しいので、見えないように布をかけて部屋の隅っこに置き
代わりにハロゲンヒーターをスタンバイさせました。まだ使っていないけど。

そんな今日は、朝から豆を煮ました。
金時豆と、大豆と、ひよこ豆(ガルバンゾー)。
豆を煮る湯気で部屋もあったまるというものだ。

お昼にはそれをチリビーンズにしました。
少しだけ途中から具を分けて、一食分だけ豆カレーに。
どちらも、今日はかぼちゃも入れてみました。これ正解でした!!
カレーにはココナッツミルクも。入れすぎたためやや甘口になったけど美味しかった~。


ところで最近、ほんっとに豆がすきなのですが、豆の何が良いって、可愛いのです。
ちっちゃくてまるっこいものが、好きなんです。これは昔から。
ただ、よく考えると、乾燥してる時の豆のつぶつぶ丸い感じが可愛いんであって、
水に浸してから煮た後は形も変わるし大きくなるので可愛さ減ってますね。でも美味しいから許す。

豆好きが高じたのは最近のことですが、食生活の基本が変わったことに加えて
時間がかかる「豆を煮る」行為を面倒と感じなくなったからでしょうか。
まあ、面倒と思うときは炊飯器を使う手があるのですが、今日はガスを使って鍋で煮ました。

豆料理といっても色々あるけど、チリビーンズは特にお気に入り。
挽肉入れなくても、野菜たっぷり豆たっぷりで十分食べ応えがあります。

そもそもチリビーンズを作ろうと思ったのは、タコライス屋さんで食べた
「ベジタブルタコライス」に豆がたっぷり入っていて(さらに上にはアボカドも乗っかってた☆)
それが美味しかったから。

なので家で食べるときも、タコライス風にとろけるチーズと一緒にご飯にのっけることが多いです。
レタスとかの生野菜がないから、どっちかというとチーズカレーのノリですが。
それに飽きたらパスタソースにしてしまっても美味しい。ここでもまたチーズ使うので、
ご飯が麺に変わっただけなんだけど・・・。

あと好きなのが、ぜんざい。
おやつには、煮汁と一緒に豆をあっためて、黒糖と生姜をちょびっといれて。
お団子あるともっといいのですが、これだけでも美味しいです。
今日の一段と冷えてきた夕方に、ほっこり暖まる幸せ。


それと、雑穀ご飯にもよく豆をいれます。
ブレンド雑穀も使いますが、自分で好きなものを入れるときもあります。

ちいさいプチプチが多い雑穀の中で、豆はいわば主役級の存在感です。
何をいれようかな?と、あれこれ考えるのも楽しい。

今日の主役は、初めて使う黒神。非常においしく炊けました!

・玄米(1合)
・白米(0.5合)
・かんむりわし米(以下適当) ←石垣で買った、古代米です。赤米の一種?
・黒米
・アマランサス
・もちきび
・割り麦
・黒神(小粒青大豆)
 &塩と生姜(パウダー)ちょびっと

炊きたてはやっぱり美味しいですね。雑穀入れると甘みともちもち感が増すし、
色も綺麗だし、栄養もたっぷり。ああ、おいしいごはんって、ほんっと幸せ。

以前、かなり大量に買い込んだ雑穀と豆類のおかげで、当分生きられます。
そんなわけで私の主食は「米、豆、芋」 な感じの毎日です。

ちなみに昨日焼いた芋ですが、省エネのため、トースターに入るだけ沢山一度に焼いて
すぐ食べない分は冷凍・・・の予定でした。が。
あまりの美味しさに、ありえないペースで消費してしまいました。
明日か明後日には、また焼くことになりそうです。

なんだかご飯のことだけの日記ですね。昨日から芋だの豆だのと。
他になにしたっけ。
映画観て、本読んで、掃除して、インコのえさを新しい袋から補充、
洗濯して、干したけど強風で飛ばされて仕方ないから部屋干し。

この数日、まるで台風みたいな風が吹いています。今やっと、おさまってきたのか
びゅうびゅぅが聞こえなくなりました。
[PR]
by ekla-cafe | 2009-11-03 21:51 | log

やきいもの匂い。

わたしは、いま、幸せです。

やきいもを焼いているのです。

おうちのトースターは最大15分しか焼けないので
「チーン!」とタイマーが切れては焼き、切れては焼きを繰り返し
そろそろ、1時間というところです。


もうちょっとかな、まだかなまだかな。


ああ。1年ぶりの至福のときが近づいているのです~。

このお芋は、昨日届いたばかりの安納芋。
糖度がとっても高くて蜜のような、ねっとりした甘さがたまらない、
黄金色の美しい それはそれは美味しいおいもさん。

昨年はじめて食べてからというもの、すっかり魅了され
やっぱり今年も5kgのオトナ買い。だってなくなるんだもん、、意外とすぐに。
普通のさつまいもより高いけど、安納芋は冬の私には欠かせない
ごほうび的贅沢なのです。

先日まではひたすら干し芋ばっかり食べていましたが
今日から焼き芋月間です。

あー早く食べたい。
だって今日、寒いんだもん。

急激に冬の予感が漂いつつある、11月。

このあいだ、久しぶりに八重山そば食べたときも、
あったかいものの美味しさが身に沁みる感じで
美味しいスープまで全部、飲み干してしまいました。

冬に食べるラーメンの幸せを思い出した感じ。

そういえば、今日ちょっと遊びに寄った家でもホットココアをいれてくれた。
これがまた、体がほっとして美味しかったな。
コピーしてもらったアン・サリーのCDも、なんだか寒い冬に体をあっためてくれる
しあわせな何か、の感じがする。コンサートは明後日です。
[PR]
by ekla-cafe | 2009-11-02 18:47


Take it easy, love & peace!


by ekla-cafe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 05月
more...

カテゴリ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧